読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「さよならも愛の続きよ」…2NE1という伝説の4人の女の子たちの話

2NE1というK−POPアイドルが解散しました。4人組のガールズグループで、日本語でも歌を出していたので名前くらいは知っているひとも多いかも。それでも「あ〜なんかいたねそんなひとたち……」くらいのひとが多いと思います。彼女たちは日本であまり売れなかったから。タイミングや、売り方の問題もあっただろうし、正直日本デビューしたとき私もそんなに知らなかったのでそのことについてはあまり述べません。ただ、私はこのガールズグループのことがとても好きで、解散してしまうのが本当に悲しかった。なぜなら彼女たちは「徹底的に女の子の味方」であり、そのコンセプトで世界中で売れた、正真正銘の「ガールズグループの歴史を変えた4人」だったのです。

 

news.kstyle.com

これは、解散する前に、メンバーのひとりミンジが脱退したときのニュースタイトル。惜しみなく「ガールズグループの歴史を変えた4人」というタイトルをつけられる、唯一無二の女の子たちだったなあ……と、おもった。

 

女性歌手といえば、「君に会いたいよ〜♪」とか「こんなに好きなのになぜきみはあの子が好きなの〜♪」とか、そんな歌ばっかりだ。特に日本とか、アジアでは。レディー・ガガや、マドンナや、ビヨンセのような歌を歌う女性はなかなかいない。まだまだそういう国なのだろうし、普段はそれを意識したことすらなかったんだけど、ある日私はそんな歌じゃがまんできないときがきました。

失恋したのです。

とても好きなひとに元旦に振られるという大事件を起こした私は、世間はお正月モードで浮かれきっている中、思考がフリーズし、「泣くな〜〜〜!!!わたし〜〜〜!!!」と自分の顔を自分で叩いて励ましながら生活しなければならなくなりました。今思えばよくあるしょうもない話なのですが、当時のわたしとしては前代未聞の大事件で、あまりの悲しさに振られたあと3日間の記憶がありません。

なんとか自分を励ますために、「失恋ソング」とかで検索をかけまくっていたわたしは、ここで初めて2NE1の音楽ときちんと出会うことになります。

 

「HATE YOU……?なにこれ......」

 

www.youtube.com

 

タイトルから、どうせ「あなたのこと嫌いになりたいのに〜なれない〜どうして〜♪」みたいな歌かなと思っていた私は度肝を抜かれました。

 

♪ You are so 情けない マジであり得ない
 オマエなんかこの世にいらない
 ナ ナ ナ 情けない You are so 情けない
 だから触らないでよ、キモイから

 

すごい歌だーーーーー!!!!!!

いや正直、この日本語歌詞どないやねん!?とか、普通の状態で見たら歌詞くそやな!!とか思ってしまうと思うんですけど、当時の私は人生最大の大失恋をしたばかり。メチャクチャな失恋を経験したことのある方は共感してもらえるかもしれないんですが、そういうときって「それでもまだアナタが好きなの〜♪」とかいう歌、傷つくだけなんですよね……。いやそれでもまだ好きなところで状況はなに一つ変わらんし……みたいな。そういう心理状態の人間が相手に望むことはただ一つ、できるだけ苦しんで死ねということだけなのです。

だから、2NE1のこの歌、私の気持ちを代弁してくれている……!!と思って、めちゃくちゃ嬉しかった。かっこよくてファッショナブルな女の子たちが「アンタってほんと情けない、マジでありえない、キモイんだけど!!」と歌ってくれることが、当時の私の心をものすごく救済してくれた。もちろん当時の私は未練タラタラで、まだ好きでまだ会いたくてまだ連絡がほしかったんだけど、それがもう無理なこともなんとなくわかってはいて、そんな自分の甘ったれた気持ちを断ち切るように「触らないでよキモイから!!」と彼女たちが歌ってくれたので、「そ……そう、もう会いたくない!!!!!会いたくないぞ!!!!!!!!!!!」と奮起することができたのでした。

 

それからこれもめちゃくちゃ聴いたな……。

 

www.youtube.com

 

彼氏と別れた女の子の歌なんだけど、歌詞がとにかく全部最高なんです!!

 

「ホントなら一発殴ってやりたい でも会いたくもない」

「私から出て行って最速で忘れよう 自由になっただけ」

「悲しいわけじゃなくてただムカつくの」

「やれることはした もう後悔しない」

「友達呼び出して派手な服に着替え 思いっきり笑って全部忘れちゃうし!」

 

最高〜〜〜!!!!!

失恋したのにこんなに強気な歌!!最高じゃないでしょうか!?そしてガチで失恋した女の子はこんくらいオラオラな気持ちになれないと立ち直れないのでは……と思うのです。そんな女の子の気持ちに寄り添ってくれる、そう、サイコーの女友達を得た気分!!

 

ちなみにこの「Go away」、長尺のドラマ版MVもめちゃくちゃサイコーです。自分を振ってきたダメンズ彼氏を、最終的に爆死させるというすごい内容。

 

www.youtube.com

 

他の女性アイドルには絶対できんわ……。

 

これを入り口に2NE1を知ったのですが、他の曲もことごとく「強い女性」がテーマ。他の女性アイドルにはない「強い女性像」をめちゃくちゃスタイリッシュに表現したものばかりで、ファッションも音楽性も尖っていて、4人は個性的でチャーミングで仲が良く、見た目と裏腹に真面目な女の子たちで、日本ではあんまり売れなかったけど、世界中でヒットしていることを知りました。

私は日本の女性アイドルの多くが、男性に媚びることで売れたり、男性に順位付けられたりするのが、そういうビジネスなのだとしても好きになれなくて辟易していたので、そんな中、このコンセプトで打ち出して、そしてきちんと「売れた」ことが、彼女たちの凄さの証明だなと思いました。そして彼女たちが日本で売れなかったことは、ある意味「こういう女性像が支持されていないことの表れ」だなと思ったりもしました。もちろん売り方の下手さとか、上にも書いた日本語歌詞の下手さとか、他のK-POPアイドルとセット売りしようとしたのがそもそものミスとか、いろいろあるとは思うんですけどね……。

 

アルバムを借りて、他の曲も聴いて、SNSを見て。カムバックする!なんてニュースも出て。日本でツアーあるときは絶対行こう!と胸を高鳴らせていたのですが、私が好きになったあと、とうとう彼女たちのライブが行われることはありませんでした。

 

2016年4月。メンバーのひとり、グループの末っ子ミンジが脱退を表明。

私は「4人」の2NE1が好きだったのでとてもショックでした。ミンジはダンスの申し子で中心メンバーだし、何より2NE1の支柱であるCLととても仲良し。4人のバランスのよさが2NE1なのに……!!

 

そして11月、3人でカムバックすることはできず、解散が発表されました。

 

 

 

 

 

 

  

この「伝説は伝説として残る」という言葉がやけに胸に刺さった。そうだな、彼女たちは永遠の伝説になったんだよな……だけど、

 

 

 

何がだめだったんだろう。何がうまくいかなかったんだろう。ちょうど日本ではアイドルのパイオニアだったSMAPが終わりに向かって突き進んでいた。おんなじだ、とぼんやりと思った。どれだけ偉大なグループでも、決定的な何かがあったわけじゃなくても、終わってしまうときは終わってしまう。誰にも止めることができなくて、ただただみんなが悲しい。圧倒的な喪失感だった。

 

 

私が2NE1を好きになったときには彼女たちはすでに活動休止状態で、生で彼女たちの姿を見ることも、なんならライブとかグッズとかにお金を落とすこともできないままで、こんなんでファンと名乗っていいのか!?みたいな状態で、終わってしまった。歴史をクラッシュした偉大な女の子たちなのに、あまりにも寂しい幕引きだった。

 

あとにもさきにも、私が「この音楽に支えられた」と思ったことがあるのは、2NE1だけだ。

 

最後に2NE1は、ファンにお別れの歌を用意してくれた。

 

www.youtube.com

 

今までのPVを組み込んだ白黒の映像、アコースティックなメロディー。すでに1,300万回以上再生されている。

PVの中にはミンジもいる。よかった、なかったことにされてなくて。2NE1は、終わるときには4人でと思ってくれた、のかも。

 

www.instagram.com

 

www.instagram.com

www.instagram.com

www.instagram.com

www.instagram.com

※日本語訳はこちら

pappins.tokyo

www.instagram.com

 

メンバーそれぞれが言及してくれているのだけど、私に韓国語がわかればなあ……!

 

この歌、解散のことだけを言っているわけではない……!?と思って調べたら、やっぱり、元は3人で活動を再開する予定でいて、そのときにCLがミンジに宛てて書いた歌だったそうだ。それをファンへのメッセージにもとれるように作り直したのだと。

 

www.yg-life.com

pappins.tokyo

 

とてもとても大変だったのだろう。

 

CL、ボム、ダラ、ミンジ、今まで本当にありがとう。歌手になってくれて、グループを結成してくれてありがとう。多国籍な背景をもって、世界中に飛び出してくれてありがとう。女の子が自分で自分の人生を切り開く姿を見せてくれてありがとう。唯一無二などころか、頂点に立ち続ける姿、本当に憧れだったし、何度も背中を押してもらえた。人生のとてもつらかった一瞬に寄り添ってくれてありがとう。あなたたちのことをみているとき、同時に希望そのものをみていたんだなと思う。どうか幸せでいてください、途方もなく遠いところに行ってしまっても、自分の人生を自分で選んで、そして、とびきり幸福に生きてください。

そして、いつかまた。

 

 

それが遠い遠い未来だとしても、きっとまたどこかで。

 

 

 

2NE1のお別れソングで、いちばん好きな「LOVE IS OUCH」という歌がある。これは恋の終わりを歌った歌なんだけど、歌詞がすごくよくて、彼女たちの解散を知った日はずっとこの曲を聴いていた。

 

www.youtube.com

  

 

行こう 歩き出そう それぞれの明日の場所へ

さよならも愛の続きよ これからの二人のため

ありがとう 大好きだった 一緒にすごしたあの日々が

私たちを送り出してくれる 次の季節へ

 

 

「さよならも愛の続きよ」…きっとそうだよね、2NE1が解散しても、私は、4人のことを忘れないし、4人は伝説として語り継がれて、あなたたちのことを大好きだった記憶をあたためながら、明日からも生きていくんです。落ち込んだ日にはまた、あなたたちの音楽を聴いて、勇気をもらって。そして次の季節へ。

 

たくさんの光を見せてくれてありがとう。

 

 

 

 

『天使にラブ・ソングを〜シスター・アクト〜』を観て致死量くらい泣いた

博多座で『天使にラブ・ソングを〜シスター・アクト〜』を鑑賞してきたのですが、めちゃくちゃよくて、あまりの多幸感にその後2週間くらいぶちのめされて、サントラを聴いて舞台を思い出すだけで泣いていました。ときめきの記録です。

 

f:id:Olympiaotan:20170227014606j:plain

 

www.youtube.com

 

まず、私は『天使にラブ・ソングを』の映画を観たことがなく、この舞台があることを知っても、「あ〜昔の映画でしょ……ハッピー系の古典ミュージカルでしょどうせ……あっでも蘭寿とむさんは凄い人ってヅカヲタのひとが言ってたし、1回くらい観にいくかな……」くらいに思っていました。そして1ヶ月ある公演日の最後のほうにのこのこと観に行ったわけです。

 

大間違いだった……

 

なんでこんな終わりかけに観に行ったんだ私のバカーーー!!!!!と自分をののしる帰り道。悔しすぎて本気で時を巻き戻したかったけど、一周まわって「いやでもこれ初演で観にいっちゃってたら絶対理性を失って30公演くらい観に行っちゃってた……命拾いしたわ……(?)」とか思っていた。それくらいめちゃくちゃよかったんですよ〜〜〜!!!!!

 

ということで、どれだけサイコーのミュージカルだったかを書きます。

 

まず!!なんと音楽を作ったのがアラン・メンケン*1!!!

もうこれだけでサイコーってわかるじゃないですか……??(???)

帰り道にこのミュージカルについてググりまくった私は、これがもともとはブロードウェイで作られたミュージカルで、アラン・メンケンが音楽をすべて作ったという事実を鑑賞後に知りました。もったいねーー!!いや、でもまっさらな状態で聴けて、あとから知って「ど、どおりで!!」って思えたの、めっちゃ贅沢な体験だったな〜。どおりで、めちゃくちゃ心をつかむわけだわ!!!アラン・メンケン様ありがとう……

 

さらに付随して、ヒロインの恋人エディ役を務められた石井一孝さんが、映画『アラジン』日本語吹き替えの歌唱パート声優さんなんです!!え、エモ〜〜〜!!!あなたのホール・ニュー・ワールド聴いて育ちましたって感じなんですけど!!!もちろんこれも鑑賞後に知りました。贅沢〜〜〜!!!

 

 石井さん、公演中たくさんTwitter更新してくれてて優しい……

 

 

そんなミュージカルなのですが、主演はWキャストで、森公美子さんと蘭寿とむさんのおふたり。ヅカヲタの友人から「蘭寿さんは音楽学校時代からずーっと主席でトップスターになったすごい人(意訳)」と聞いたので、一度くらいこの目で見てみたい!!と思い、蘭寿さんの回に行くことにしました。

 

もうね、あー!トップスターの人〜〜〜!!!ってかんじでした。

歌も踊りも演技も存在感も超華やか!!すごい!!どこにいても目立つ!!歌うまい!!仕草がきれい!!セクシー!!

この人があの伝説のトップスターさんか……素敵……とうっとり。

 

 

 

で、蘭寿さん自体もすごかったんですけど、歌がめちゃくちゃよくて、もう前半の終わりの方からずっと号泣してました。

 

最初に泣いたのが「Raise your voice」

歌が下手くそなシスターたちを、デロリス(ヒロイン)が指導していくシーンです。最初は乗り気じゃなかったシスターたちが、だんだん歌うことの楽しさにめざめていって、どんどんみんなでパート分けして歌って、最後には大合唱になるの!

www.youtube.com

この歌なんだけど、劇中はまだみんな黒い地味なシスターの格好でやってるからなおよいの……あと個人的に最後の2:43のとこで腰かがめて踊りながらクレッシェンドしていく演出がサイコーだからこれはぜひ舞台で観てほしい……!

 

www.youtube.com

 

ブロードウェイ版もめちゃくちゃよき……

 

その後も、デロリスがクラブで歌っていた歌をシスターたちが大合唱するシーンでまた泣く。

 

そして……!!「The Life I Never Led(私が生きてこなかった人生)」

これがまたすごくて……!

シーンは、デロリスが修道院を出ていかなければならないと仲間に告げたあと。シスター仲間の中でも一番若い「見習いシスター」のシスター・メアリー・ロバートが、デロリスに声をかけるのです。「私をつれていってください」と。

彼女は子供のときからずっと修道院の中にいて、外の世界のことを全然知らず、私はこのままここにいていいのかわからないのだと話すのです。

このシスター・メアリー・ロバートを演じる宮澤エマちゃんが圧巻で……!透明感のある甘くて澄んだ声がまさに役にぴったり。元首相のお孫さんということしか知らなかったけど、こんなに歌がうまかったとは……!!

 

www.youtube.com

 

これさ〜…ディズニー好きのひとならわかってくれるかもしれないんだけど、ジェネリック『自由への扉(塔の上のラプンツェル)』ですよね……!?!?!外の世界を知らない若い女の子が自分の意思で自分の人生を選択する歌なんですよ……大好き……

 

 

 

このあと、デロリスが自分の夢を追うのか、シスターたちのところへ戻るのか悩むシーンがあるのですが、ここのデロリス独唱がほんともーよくてですね!!心情がめちゃめちゃ伝わってくる歌で号泣。

そのあと、カーティスに銃を向けられたデロリスをかばってシスターたちがデロリスを囲むシーンで号泣。そして鳳蘭さま演じる修道委員長が初めてデロリスのことを「彼女はこの修道院が始まって以来の真のシスターです!!」とかばうところで泣きすぎて嗚咽が漏れた。

 

最後はハッピーエンドなんですが、もうラストの「Spread the love around」ほんとにすごくて!!ハピネスが殴ってくる!!!!ってかんじ!!!圧倒的多幸感に包まれて、ただただ泣いていた。泣きすぎて前あんまり見えなかった。人って「楽しい」という理由でこんなに泣けるんだ……!!!と思った。

この歌は、シスターたちの歌をついにローマ法王が聴きにくるというシーンなのですが、「ローマ法王です!」とオハラ神父が紹介したとき、オーケストラの指揮者の先生がローマ法王の格好になって登場するんです……!!演出が粋すぎて、初見で観たとき鳥肌が立ちました。劇中ずっと「ローマ法王に見せる」「ローマ法王の前で歌うなんて緊張する」「あのローマ法王が……」と言われ続けていて、い、いったい誰が……!?と思い続けていたので、この演出には、や、やられた〜〜!!って思った。妙な説得力があって、「そうか演じるならこの人しかいないよな……!!」と思わせてくれて超ハッピーで死んだ。ハッピーで死ねるってほんとしあわせだ……!!

 

 

 

 

オケのメンバーも含めてカンパニーなんだと強く思わせてくれるミュージカルって本当にしあわせなんだな……これから観るミュージカルでもオーケストラのことが気になってしまうかも。それくらい本当にすきな演出!!

 

劇場を出た頃には致死量くらい泣いていて、私は普段どちらかというと後ろ向きな性格なんですが、「生きるって美しいな……」とか本気で思いながらフラフラと帰路についた。そしてグロッキー状態の私の頭にはただ一つのことしか頭になかった。それは「これモリクミさんバージョンも観なかったら一生後悔する」ということです。

とはいえ、のこり数日しかない公演日、モリクミさん出演日は全席完売、どうする、わたし……!?!?!?!

 

 

……。

 

 

…………。

 

 

 

 

会社を抜け出して当日券を買いました(人生初)。

理性を失ったおたくに怖いものなんてねえんだよ!!!!!!!!!!

 

そして手にした当日券……。一番いい席を買いました。

 

結果。

開演10秒で泣いた。

も、モリクミさんやばい、本当にやばい、歌がうますぎる、次元がちげえ〜〜〜!!!!!

最初の歌が「Take me to heaven(天国へ行かせて)」でなんですけど、本当に天まで突き抜けるような声……!!オペラ出身の本領発揮!!!!!!ってかんじで、すさまじすぎた……。どの歌もハチャメチャにうまかったんだけど、Raise your voiceが始まる前に少しアカペラで歌う場面があって、そこで拍手がおきたのはさすがすぎた。私はそのワンフレーズでもう泣きました。

 

 

蘭寿さんとモリクミさんで、デロリスの印象もだいぶ違って、これはダブルキャストの醍醐味だな〜!!って思った。

 

両方のバージョンを観れて本当によかった。諦めずにチケット買いに行ってよかった……!!!

 

モリクミさん千秋楽で、再演についても言及してくれたから、めちゃめちゃハッピーでした。絶対再演してほしい!!次は絶対何回も観ちゃうと思うけど……。

 

ちなみに、この秋にブロードウェイ版が来日するそうなので、それも超観たすぎる。会社燃やしてでも観にいくぜ🔥笑

 

東急シアターオーブ5周年記念公演 ブロードウェイ・ミュージカル 天使にラブ・ソングを…( シスター・アクト ) | ラインナップ | 東急シアターオーブ|TOKYU THEATRE Orb

 

あーほんとに大好きなミュージカルだったな!!

さいこう!!!

生きててよかった!!!生きるってすばらしい!!!!!

 

絶対再演してくれ〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

*1:リトル・マーメイド、美女と野獣、アラジン、塔の上のラプンツェルなど、ディズニーの代表曲のほぼすべてを手掛けている伝説の作曲家。